酵素とは

酵素とは

酵素とはいったい何でしょうか。
インターネットでいろいろと探したところ、
以下のような、文面が見つかりました。

 

---------------------------<ここより
生物が物質を摂取してから排泄にいたるまで、
生体内で起こる化学反応の多くに関与しており、
生命の維持や活動に不可欠です。生体内には
極めて多くの物質が混在していますが、
酵素は作用する物質をえり好みする性質(特異性)と
目的の反応だけを進行させる性質(選択性)を持つため、
様々な化学変化が秩序立って進みます。
基本的には、タンパク質から構成されますが、
カルシウムなどタンパク質以外のものを含んで
はじめて機能する場合もあります。
現在その働きが知られている酵素の種類は約4,000種類あり、
酒や味噌などの発酵食品や、医薬品製造などに幅広く利用されています。

 

-----------------------------<ここまで
食品の安全性に関する用語集より引用

 

人間は、生きるために、体内にいろいろな栄養素やビタミンを
摂取しますが、その栄養素やビタミンだけでは、生きれません。
消化酵素という言葉を聞いたことがあると思いますが、
栄養素やビタミンを酵素が上手く分解してくれます。

 

人間が生きていくうえで不可欠な酵素ですが、
非常に多くの種類があり、そのひとつの酵素は、ひとつの仕事しか
出来ないとも言われています。
例えば、デンプンを分解する酵素は、たんぱく質を分解することは
出来ません。